Skip to content

銀行カードローンも即日融資が可能

即日融資にも対応できる

近年はメガバンクでも個人向けのカードローンを扱うほど、銀行における個人向け融資が一般的になっています。
ただ、銀行というと担保を要求されたり、審査に何日もかけられたりする「お堅い」ところというイメージがいまだに強くあります。
しかしながら、最近の銀行カードローンは利便性が向上しており、申込んだその日の内にお金を借りることの可能なところも出てきています。

サービスが増えている銀行カードローン

なおバンクイックには正式な申込みをする前の事前審査となる「3秒診断」があったり、返済内容を確認するための「返済ミュレーション」ができたりして、利用価値が非常に高くなっています。
さらに、銀行カードローンの特徴でもある金利は非常に低く、借入金が50万円以下でも14.6%、50万円を超えると12.6%になります。消費者金融と銀行のカードローンの良さを上手に使い分けるのが得策と言えます。

最近増えている即日融資

「即日融資」という宣伝文句があります。
そんなことができるのかと思うかもしれませんが、紛れも無く真実で、カードローン会社では珍しいことではないのです。
その方法としては、一刻も早く契約をする必要があることから、電話を利用することになります。
電話ならば即時応対が可能ということからなのですが、迅速なだけにデメリットも考えなくてはなりません。

即日融資のデメリットは、迅速な代わりにその手数料分として、金利が高めに設定されているということです。
言わば通常料金プラス速達料金と言ったところでしょうか。
融資における流れを処理する為の人件費を考えると、やむを得ないことなのです。

そして一番注意をしなければならないのは、闇金と言われる悪質な金融業者に引っかからないようにするということです。
闇金の宣伝文句は即時融資・ブラックOKなど困っている人には魅力的ですが、実は詐欺に近いもので異常に高い利息を請求される羽目になります。
誰もが知っている大手の金融会社以外は、即日融資と聞いても決して飛びつかないようにしましょう。

即日融資に対応している銀行カードローン

銀行カードローンの中でも幅広いサービスを提供しているのが、東京三菱UFJ銀行のカードローン「バンクイック」です。
バンクイックの特徴にまず挙げられるのが「テレビ窓口」です。
テレビ窓口ではモニターを通じてオペレーターと会話しながら手続が進められるので、初めて利用する人でもまごつくことがなく、電子機器の操作の苦手な女性や年配者には最適です。

>>>おすすめ銀行系カードローン比較<<<

また、平日は20時まで受け付けており、土・日曜、祝日でも利用できるので、会社勤めの人にもうってつけになっています。
そして何と言ってもメリットの高いのがその場でカードを受け取れることです。
従って、申込んだその日の内にお金を借り入れることができます。
言わば、消費者金融の自動契約機のようなものです。ただ、バンクイックを含め銀行カードローンの弱点は、インターネットからの申込に対して、指定した銀行への振込キャッシングのシステムが無いことです。

従って、借り入れる時はコンビニのATMを利用するしかありません。
しかし、バンクイックではそのコンビニATMの手数料が無料になっており、何回使っても手数料は0円です。
コンビニATMの手数料を取られないということは、消費者金融には無い最大のメリットでもあります。

低金利で大きな限度額で人気の銀行のカードローン

今直ぐにお金を借りる必要がなくても、いざと言う時の為に準備しておきたいカードローンの契約。
業界内での競争も激しく、最近は低金利や限度額の大きさを前面に打ち出す金融機関も多くなりました。
いざと言う時の為にカードローンを申し込むなら、限度額は大きいほうが安心感も高まりますが、ここで一点「総量規制」について、覚えておく必要があります。
総量規制とは、貸金業法で定められたもので、個人に対し年収の1/3を超える貸付けを行ってはならないとする内容です。
各消費者金融は、貸金業法に基づき業務を行っていますので、消費者金融のカードローンの限度額は年収の1/3が最大の限度額となります。

また、総量規制は1社毎に適用されるのではなく、既に他社から借入がある場合には、その金額を合算してのものとなるので注意が必要です。
一方、総量規制の対象外となっているカードローンもあります。それは銀行のカードローンです。
銀行は銀行法に基づき業務を行っているので、貸金業法の総量規制には該当しない為です。
従って、銀行のカードローンは年収の1/3を超えて、大きな限度額を設定することが出来るのです。

限度額が大きくなると、金利も低くなる傾向にあります。
低金利で大きな限度額での契約が可能となる、銀行のカードローンが人気となってます。

銀行のカードローンが総量規制対象外なのか

銀行のカードローンは総量規制対象外であって、消費者金融などの貸金業者のカードローンは総量規制の対象となっています。
ちょっと見たならばいかにも貸金業者には不利で銀行が有利の用に見えます。
見方によれば差別的な法体系と感じる人もいるでしょう。

借り入れをする方から見れば、やはり金利も貸金業者よりも安いことが多い銀行のカードローンを選びたいので、総量規制に引っかかるかもしれない人にとっては総量規制対象外の銀行のカードローンを検討します。
しかし、貸金業者の総量規制にかかるような人が銀行のカードローンを利用できるでしょうか。
いくら銀行のカードローンに申し込んでも審査に落ちるだけのことです。

総量規制対象外担っているのは審査が厳しいので銀行は総量規制をかけないのでも貸し倒れになることはないと当局が判断しているに過ぎないと考えられます。
貸金業者のカードローンの審査に落ちるような人は銀行のカードローンを利用することはできません。

カードローンを利用するときは返済日を守ることが鉄則

カードローンを利用するにあたっての最低限の約束

カードローンはお金の借入方法としては、とても優遇されているものと言って良いでしょう。
利便性は昔に比べて、確実に進化しています。
現在のカードローンは自分が必要と感じた時にいつでも借入することが可能なので、いざという時の為に備えて用意しておくことも出来ます。
ただ、便利なものにはそれなりの理由もあります。

ルールを守るということが、カードローンを利用するにあたってはとても大切なのです。
カードローンを無担保で借入出来る会社も多いですが、それは信用払いの様な所があります。
ですから、信用を構築するためにはそれなりの審査が必要となるのです。少々大げさに感じてしまうかもしれませんが、規約を見ればどれも当たり前なのです。

私達がカードローンを利用するにあたって必ず守らなければいけないことは、返済期限を守るということです。
カードローンの多くは、リボルビング払いが設定されているケースが多いのですが、毎月決まった金額が口座引き落としになるといったパターンになります。
お金を日ごろから口座にいれておけば問題ありませんが、中にはついつい口座にお金を入れるのを忘れて返済日を守らなかったというトラブルもあるのです。

期限を守らないとどうなるのか

支払期限を破ってしまうと、それなりのデメリットが発生します。
うっかりした間違いでも、お金のやり取りですからシビアなのです。期日を破ることで、契約しているカードローン会社に対しての信用を失います。
一度でも遅れたら記録として管理され、もし今後またカードローンを新たに作成しようとしても返済能力が無いと見なされ審査が通らなくなってしまいます。

たった一度のミスだったとしても、向こう数年影響が発生することが多いです。
また、所有しているカードローンが使用停止になってしまうこともあります。
事前に遅れることをローン会社に連絡し、改めて指定した日にお金を振り込めば使用停止のトラブルを回避することも出来るともいますが、元々期日はあらかじめ決められていたのですから利用停止になっても文句は言えません。
利用停止になったとしても、借入した金額は支払う必要があります。その後の利用は、当面先になることは間違いありません。

返済日を守ればそもそもトラブルは無い

お金を借りるということは、それなりの覚悟が必要だということが良く分かったと思います。
一度で全額完済はハードルが高いかもしれませんが、月々の固定額の支払いなら決められた金額なので問題は無いでしょう。
トラブルなく完済することが出来れば、その後ローンを利用する時にも優遇されます。
支払忘れを防止するためにカレンダーや携帯のメモに登録しておくなど、返済日を忘れないようにして上手にカードローンを活用しましょう。

便利なカードローンの即日融資を利用する際の注意点とは

急にまとまったお金が必要になったら

人生は、何かあった時の為に備えて、常にある程度のまとまったお金を用意しておくことが理想です。
しかしそれはあくまでそこまで貯蓄ができる富裕層の人の場合で、現代社会で金融機関というものがここまで流行るのはそうでない人も多くいるのである、ということなのです。

例えば現実的に、どんなに一生懸命働いても会社が業績不振に陥り貯蓄まで回せなくなってしまったり、目の前のことに気を取られて貯蓄を後回しにしてしまう人もいるでしょう。
そんな時に不意にお金が必要になり、困ることになるのです。
人は不測の事態に陥ると精神的にも非常に不安定になってしまいます。
その精神面をサポートする為にも、金融機関の存在は決して悪ばかりとは言い切れないのです。

金融期間をタイミング良く利用することにより、危機的状況を脱出するというのは非常に賢明な方法と言えます。
カードローンはそのような状況の人に向けて設けられているサービスなのです。
しかしカードローンを利用したいと思った場合、特に銀行系のカードローンでは審査に数日かかることがあります。
基本的にお金を無担保で貸し付けを行うというサービスですので、審査に時間をかけて希望者の返済能力について良く検討する為に、ある程度の時間が必要なのです。

それではもし「三日以内に支払いをしなければならない」というような時には役に立たないこともありますね。
手軽に利用できるカードローンとは言え、必要な時に借りられなくては便利とは言えません。
しかし、そんな時にも対応策はあるのです。

転ばぬ先のカードローン

カードローンは急に出費があっても対応できるように、カードを保有していればいつでも引き出せるようになっているのが特徴です。
まさかの事態に備えてあらかじめ申し込んでおき、充分な借入れ額を確保しておくと安心ですね。
いずれにしても急にお金が必要になった時点で慌てて悪質な業者に騙されることのないように、対応策として考えておきましょう。
カードローンに関しては、事前に申し込んでもその時に申し込んでも迅速に対応してくれます。
迷ったらまずカードローンと覚えておくと便利です。

カードローン審査は銀行毎によって結構結果が違ってきます

銀行はどの銀行も今誰がどの位借入をしているか、過去にどういった金銭トラブルがあるのかを調べたりする情報センターに加盟しており、どの銀行でも同様に情報を共有されているのが実情です。
ですのでカードローンを組む時にはそれらを参照し審査を行って可不可を決めますが、その情報センターに加盟しているのが金融機関毎に異なっているという事が多少なり審査に影響していきます。

といいますのもこういった情報センターは全国にいくつか存在しており、金融機関はその中の1つに加盟しています。
ですのでその情報自体が特定の情報センターにしか流れない情報だった場合他社の情報センターで審査を受けている人は、その情報が良い情報であれ、悪い情報であれ影響を受けないという事になります。

延滞や滞納をするとこういった事実がある情報機関に記載されますという明記がありますが、そこにどこの情報機関に載せるのかが記載されており、逆にいえばそこに書かれていない情報センターには明記されない可能性が十分にありえるのです。
そして金融機関毎にどこの情報機関によって情報を開示して審査を行うのかはカードローンの規約等に明記されているので、多少なり自分なりに動く事が可能なのです。

審査基準は各金融機関によって変わってきますので結果や条件が変わるのは当然といえば当然ですが、その理由の1つにこういった情報センターでの情報が大きな鍵を握っているという事もまた事実であるといえます。